栄養士取得方法について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

栄養士取得方法

メタボリックシンドロームへの関心の高まり、あるいは食育の重要性への指摘など、日常の食生活の改善が重要なテーマとなっている現在、栄養士の役割にも注目が集まるようになっています。

では、この栄養士の資格を取得するためにはどのようなルートがあるのでしょうか。

栄養士は国家資格ですが、試験は実施されません。

栄養士の養成施設を卒業し、免許の申請をすることで資格を取得することができるのです。

この養成施設は4年制の大学、3年・2年制の短期大学、専門学校となっています。

夜間学校での取得は認められておらず、通信教育でも資格を取得することはできません。

このように、栄養士の資格はややハードルが高い内容となっており、試験対策云々ではなく、どの養成期間で学ぶか、選ぶかが最大のポイントとなっているのです。

なお、栄養士には上位資格である管理栄養士もあります。

この資格では大学や専門学校の課程を卒業するほか、管理栄養士の国家試験を受けることでも取得することができます。

もちろん、栄養士の資格を取得していることが前提となります。

試験科目は「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」となっています。

さまざまな働く場が用意されている栄養士。

資格を取得することで就職・転職に大いに役立ってくれることでしょう。

最近では食品関連の商品開発に携わる仕事なども増えており、注目の資格といえそうです。