FOMCとは?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

FOMCとは?

FOMCとはFederal Open Market Committeeの頭文字をとったもので、アメリカにおける金融政策を決定する最高意思決定機関のことです。

FOMCはアルファベットどおりに「エフオーエムシー」と発音するようです。

FOMCはアメリカの金融政策などについて意思決定を行う期間ですが、FRBのメンバー7人に更に5人のメンバーが追加された12人で構成されています。

FRBのメンバー以外の5人には、ニューヨーク連邦銀行総裁などの地区連銀総裁などで構成されていて、FOMCの議長にはFRBの議長が就任し、副議長にはニューヨーク連邦銀行総裁が就任するという決まりになっています。

FOMCの意思決定は日本の金融界にも大きな影響を与えています。

日本では日銀金融政策決定会合が毎月1回から2回程度開催されていますが、その際に必ずアメリカの金融情勢や経済情勢などを踏まえながら今後の金融政策が決定される事が多いのだそうです。

アメリカのFOMCの意思決定に大きく影響される日銀金融政策決定会合は基本的に6週間ごとの火曜日に行なわれています。

そこで短観が発表されるため、日本円と外貨との変動によって利益にも損失にもつながるFX取引などでは、日銀金融政策決定会合が行なわれる際には為替変動も激しくなるという傾向にあるようです。

また、日銀金融政策決定会合に影響を与えるFOMCの会合内容もFX取引には大きな影響を与えるといわれています。

そのため、FOMCの金融政策が発表される時刻にはFX投資を行なっているプロの投資家などはテレビやインターネット、ラジオの前にスタンバイして外国為替の変動にあわせて取り引きを行なう事が多いのだそうです。