マカの効果って?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

マカの効果って?

マカにはホルモンのバランスを整える働きがあるといわれています。

例えば女性の生理不順などは、ホルモンの影響で起こることが多いとされています。

マカに含まれる各種のミネラルや、アミノ酸、カルシウムや鉄、銅などの栄養素には、相乗効果によって、人間の本来持っている最適なホルモンバランスを回復させる効果があります。

また、マカには女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌を促進する働きがあるため、「女性らしさ」を保つ効果もあるといわれています。

例えば更年期障害は、女性ホルモンの減少によってもたらされます。

特に40歳をすぎるころになると、卵巣の働きが衰えて、体調に変化をきたしやすくなります。

やがて月経が無くなり、閉経を迎えると、生理的、心理的な症状があらわれ、身体的な障害を発症する場合もあります。

こうした諸症状が更年期障害と呼ばれるもので、その原因としては、女性ホルモンの一種である、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌の減少が関係していると考えられています。

ホルモンバランスが崩れ、その影響で自律神経に異常をきたしてしまうのです。

マカにはこのエストロゲンの分泌を促す作用があるため、自然な形でホルモンバランスを整えることができます。

さらにマカには、アミノ酸の母と呼ばれるリジンと、アミノ酸の父と呼ばれるアルギニン酸が豊富に含まれています。

ともに生殖細胞に大きな影響をもたらす物質であるため、不妊治療にもマカを利用する方が多いようです。