ノネナールとはについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

ノネナールとは

ノネナールというのは、加齢臭のもとになっている物質です。

人は、加齢によって酸化を抑える力が弱くなっていきます。

皮膚に潤いを与えるために皮脂を分泌するのが、皮脂線ですが、この皮脂腺の中にバルミトオレイン酸という脂肪酸が発生し、そのパルミトオレイン酸が多くなると、活性酸素によって、過酸化脂質も増えていきます。

脂肪酸と過酸化脂質が結合し分解されることで出来あがるのがノネナール。

加齢臭のもとになる物質なのです。

過酸化脂質というのは、脂質が酸化することによってできる物質であり、食品の脂質が参加したものと、体内の脂質が参加したものとに分かれます。

いずれにしてもこの過酸化脂質は、皮膚の老化、がんなどを起こす引き金にもなる、人間の体に悪さをする物質として知られています。

またノネナール以外にも、皮脂腺やアポクリン腺という汗が出る穴から出る脂肪酸も、臭いのもとになることが知られています。

わきがの外科的治療には、この皮脂腺、アポクリン腺を除去することでわきがをなくす治療を行っているところもあります。

ノネナールの臭いは、古い本の臭い、ブルーチーズのような臭い、カビ臭い・・青臭い・・など人間がいやな臭いとして認識する臭いだとされています。

臭いの感じ方は人によって様々ですが、ノネナールの臭いはわきがと同じように独特の臭いを発するので、かなりの確率で周りの方が気がつくといわれています。

加齢臭のもと、ノネナールをたつことが、加齢臭対策になりますね。